長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

景気拡大期


景気拡大期とは、景気が良くなり、経済が拡大している局面です。

この時期は逆金融相場と言われることもあります。

逆金融相場とは、景気の拡大が続いているにもかかわらず、金利上昇で株式の投資対象としての魅力が下がるがゆえに株価が下落する局面のことをいいます。

景気の過熱が心配される時期でもありますが、景気の回復・拡大が鮮明になるため相場全体は楽観ムードに包まれます。

この時期は、成長が続く一部の小型株や有利子負債の少ない優良株のパフォーマンスが良くなると言われます。

ページトップへ戻る