長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

時価総額


時価総額とは、要はその会社の値段です。

時価総額が1,000億円であれば、今のその会社の値段は1,000億円で売られているということを意味します。

時価総額は以下の公式で計算できます。

時価総額 = 株価 × 発行済株式総数

株式投資をするうえでは、企業の規模を見ることも大切です。

時価総額の大きな企業は、経営が安定しやすいですが、他方で急激な成長は期待できなくなっていきます。

時価総額の小さな企業は、まだまだ規模の小さく不安定な企業が多く、臨時的に多額の損失が計上された場合、一気にその企業の財政状態が悪化する恐れがあります。

規模の小さな企業への投資は、その企業がうまく成長した場合には大幅な株価の上昇を見込むことができますが、一方でそのような企業は社内の管理体制が整っていない場合も多く、リスクが高いともいえます。

規模が小さい企業への投資には、そのようなリスクがあることを意識しましょう。

 

規模のメドとしては

1兆円

1,000億円

100億円

10億円

が挙げられます。

ページトップへ戻る