長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

逆日歩


逆日歩(ぎゃくひぶ)は、株不足を外部からの株券調達により解消した場合に発生し、売建ての場合は支払い、買建ての場合は受取りになります。

逆日歩は、証券金融会社において貸株残が融資残を超過した場合に株不足が発生し、その不足株券について証券金融会社が証券会社または株券を大量に保有している生命保険、損害保険等の機関投資家から有料で借り入れた時の品貸料をいいます。

その品貸料は最終的にその逆日歩のついた銘柄の売り建て顧客すべてが支払い、買い建て顧客すべてが受け取ることになります。

ページトップへ戻る