長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

3市場信用取引残高


個人投資家の売買の約6割が信用取引です。

信用取引残高とは、信用取引で買ったまま・売ったままで、未決済状態の取引をいいます。

将来にいずれ反対売買により決済されるので、将来の株価の変動要因になります。

毎週第2営業日(ふつうは火曜日)に前週末の信用取引残高が発表されます。

つまり、この信用取引残高の情報を見ることで、近い将来の株式市場の需給を予測することができます。

ページトップへ戻る