長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

配当利回り


配当利回りとは?

配当利回りは、株価が一定の場合に、受け取る配当が何%の利回りがあるのかを示す指標をいいます。

配当利回りは1株あたり配当額÷株価で計算されます。

例えば、配当が15円で株価が1,000円の場合には、配当利回りは1.5%となります。

一方で、配当が15円で株価が2,000円の場合には、配当利回りは0.75%となります。

つまり、株価が安いほど配当利回りが大きく割安であり、株価が高いほど配当利回りが小さく割安であると判定されるのです。

配当利回りで割高か割安かを判断する基準値としては、1%が1つの目安となります。

ただし、企業が属する業界ごとに、平均的な配当利回りは異なります。

成熟した産業は、獲得した利益の大部分を配当するため、配当利回りは高くなる傾向にあります。

一方で、情報・通信業などの成長産業は、獲得した利益の大部分を将来の設備投資に向けるため、配当利回りは低くなる傾向にあります。

このように、業界の特性も考慮したうえで、割高か割安かを判断する必要があるのです。

ページトップへ戻る