長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

黒字倒産


黒字倒産とは、営業利益や純利益を計上しているにもかかわらず、経営破綻してしまうことをいいます。

なぜ黒字倒産が起きるかというと、利益は売上とともに計上されるのに対し、実際の入金はそれよりも後になるからです。

通常、企業は資金繰りのメドをつけたうえで、営業活動をします。しかし、何らかの事情(例えば、他の得意先の倒産による貸倒れやリーマンショックのような外部環境の急変など)により、資金調達が出来なくなってしまうと、黒字倒産になるのです。

特に景気の急激な悪化により、銀行の貸し渋りや貸し剥がし(融資した資金を強引に回収すること)が行われると、企業の資金繰りはとても厳しくなり、黒字倒産のリスクが高まります。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る