長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

従業員持株会


従業員持株会とは、従業員が給与から一定額を天引きし、自社の株式を購入する制度をいいます(持株会には役員を対象とした役員持株会、取引先を対象とした取引先持株会などもあります)。

従業員にとっては自社の株式を購入することで財産を形成する意味があり、企業にとっては安定株主を確保できるというメリットがあります。

証券市場からすれば、従業員が自社の株式を取得することは、ややもするとインサイダー取引となるリスクが高いことから、毎月一定額の自社の株式を購入することにより、こうしたリスクを防ぎながら自社の株式を継続的に購入することができるのです。

また、これの役員版である役員持株会を設置する企業が近年増加しています。役員がインサイダー取引により不正な利益を得ることができない仕組みをつくり、企業のガバナンスを向上させることが主たる目的です。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る