長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

セグメント情報


セグメント情報とは、事業、商品(郡)、顧客(層)、チャネル、地域などの切り口(セグメント)ごとに集計した損益情報等のことです。

「セグメント情報の開示に関する意見書」により、有価証券報告書の作成上、3つのセグメント情報(事業の種類別セグメント情報、所在地別セグメント情報、海外売上高)について開示が義務付けられています。

このセグメント情報は連結ベースで作成されます。

なお、すべての企業が複数の事業を営んでいるわけではありません。一つの事業が全体の90%を占めている場合(指標は売上高、資産)は、セグメント情報の開示は求められていません。

セグメント情報からは、連結財務諸表をより掘り下げて、その企業が展開している事業の数・規模とその事業に対する成長性や競争力等を知ることができます。その結果、「選択と集中」といった経営戦略の巧拙までみえます。

 

①事業の種類別セグメント情報:製品の系列別の情報であり、製品の種類や性質、製造方法、販売市場等の類似性に基づく同種・同系列の製品グループの情報のことです。損益情報(売上高、営業損益)と資産情報(資産、減価償却費、資本的支出)が開示されています。

②所在地別セグメント情報:親会社及び連結子会社の所在地別(本国と本国以外)の情報です。販売元を基準とした情報で、連結会社の所在する国または地域ごとの情報です。これにより地域別の損益状況を知ることが出来ます。

③海外売上高:親会社及び連結子会社の日本からの輸出売上高と海外連結子会社の日本以外への売上高に関する情報開示です。販売先を基準とした情報です。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る