長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

バブル景気


バブル景気とは、日本の1980年代終盤から1990年代初頭までに起こった経済現象及び社会現象をいいます。

投機などの過熱により資産かっくが一時的に異常な高騰をみせ、その後投機熱が冷め急速な資産価格の収縮が起こる様が泡が膨れて弾ける様によく似て見えることから、バブル景気、バブル経済、また、その景気後退期をバブル崩壊などと呼称します。

日本では1980年代後半の不動産を中心にした過度な経済拡大期間を指すことが主です。1980年代後半には東京都の山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買えるという算出結果となるほど、日本の土地価格は高騰し、土地不動産、株式等の資産価格のバブル化が起こっていました。このことを呼称しバブル経済と呼ばれます。

また、米国の2003年以後の住宅と金融を中心にした資産価格の高騰、景気拡大期を米国バブルと呼称されることも多いようです。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る