長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

相談役・顧問


相談役と顧問は、会社に助言を行う役職です。

相談役は、法律上の役員であるケースと役員ではないケースがあり、顧問は役員ではないことが通常です。

相談役は、社長や会長などが経営の第一線を退いた後に就く名誉職的な側面が強く、経営上重大な問題に関して大胆な助言を求められたり、社内が割れるような紛議があった際にはその調停にあたったりもします。

相談役の法律上の位置づけは個々の会社によって異なり、法律上の役員を兼ねる取締役相談役、代表取締役相談役もある一方、相談役が取締役ではないケースもあります。

顧問は、社外の専門家に顧問を委嘱し顧問契約を締結するケースの他に、外部から招聘されて近々取締役に選任される予定の者が、次期株主総会までの間の短期間だけ就く一時的・便宜的な役職の場合もあれば、大企業同士の合併などによって新企業では経営の実務から締め出されてしまった旧企業の元専務取締役などを、新企業の取締役を兼ねた「常任顧問」として処遇するための半恒久的な役職の場合もあります。いずれの場合も、顧問はその者本人の専門知識や社内経験に基づいた実務的で日常的な助言が求められることが多くなります。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る