長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

会長


会長とは、日本の会社では、社長を退任した前社長が就く役職名に用いられます。

会長は一般的には取締役会の会長を指すため、通常は取締役が兼任し、会社の組織図等では社長の上の最上位に記載されることが多いです。

しかし、取締役会長であるから必ず取締役会を仕切るとは限らず、会社の代表権を会長が有するケースと有しないケースがあります。

代表権を有する場合は会長が事実上の最高責任者であるケースがあります。

また、会長が代表権を持たない場合は、第一線を退いた前社長が就く名誉的な役職であるケースが多くあります。

ページトップへ戻る