長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

のれんってなに?


のれんって何?!

のれんというと、蕎麦屋さんの入り口などにかかっている「のれん」を連想しますが、
会計上の「のれん」は全く別物です。

「のれん」は、企業を買収したときに発生します。

純資産100億円の会社を300億円で買収すると、
差額の200億円が「のれん」として、
貸借対照表に計上されます。

この「のれん」の本質は、買収対象会社のブランド価値です。
つまり、「のれん」200億円分だけ、
買収対象会社には特別の魅力、ブランド価値があるということなのです。

純資産100億円の会社を買収するとき、
単にその会社が持っている資産だけがほしいのなら、100億円で手に入るはずです。

それをわざわざ300億円で買うというのですから、
買収対象会社には特別の魅力があるということなのです。

つまり、「のれん」200億円は、ブランド価値という目に見えない資産です。

 

株式投資における「のれん」との付き合い方

では、株式投資において、のれんはどのように分析したらいいのでしょうか?

ひとことで言えば、
「のれん」はリスク要因になります。

”のれん”は目に見えない資産であり、
一晩にして消え去ってしまうリスクがあるからです。

しかし買収した会社が倒産してしまうと
そのブランド価値としてののれんが価値を失います。
このようなリスクがのれんにはあります。

形のないものは、株式投資においてはリスクとして認識する必要があります。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る