長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

純資産


純資産とは?

純資産とは、株主の持分(もちぶん)、をいいます。

会社の資産から、すべての負債を支払った後に残るものが、株主の持分、すなわち純資産なのです。

貸借対照表においては、資産100円から負債30円に対して支払った結果残る70円が、純資産となります。

株主の持分である純資産は多い方が良い、と言えます。

 

純資産の見つけ方は?

実際の企業の決算短信と有価証券報告書を見てみましょう。

ファナック【6954】(以下「ファナック」と表記します)の場合、決算短信の1ページ目の下の赤く囲んだ部分に純資産が掲載されています。

IR基礎知識に使う図表_20181211-6.jpg (167 KB)

決算短信の中盤にも純資産が掲載されています。

IR基礎知識に使う図表_20181211-7.jpg (110 KB)

有価証券報告書の2ページ目にも純資産が記載されています。

IR基礎知識に使う図表_20181211-8.jpg (137 KB)

※ファナックのホームページより引用。

 

株式投資に生かすには?

純資産を見て株式投資にどう生かせば良いでしょうか。

ファナックの場合、2018年3月期決算で総資産額が約1兆4,600億円ありますので、大規模企業であることがわかります。

また、純資産が潤沢にありますので、安定した企業であることがわかります。

ファナックは、大規模企業で、安定した経営をしていますので、倒産のリスクは少ないと思われます。

ページトップへ戻る