長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

劣後債


劣後債とは、経営破綻などで債務不履行となった場合に、元金や利息の支払い順位が一般の普通社員よりも低い債券を指します。

代わりに利率は普通社員よりも高くなっています。

これまでは機密投資家向けがほとんどでしたが、金融危機以降は個人向け劣後債の発行が増えています。

発行体は金融機関が多いです。一般の事業会社は劣後債を発行すると貸借対照表に負債として計上する必要がありますが、銀行の資本規則では一定割合を自己資本に組み入れることができるため、金融機関が多くなっています。

現在、銀行は自己資本の中でも普通株など中核部分を厚くする方向で動いていますが、自己資本全体の底上げも課題としてあります。

劣後債は発行しても株式が希薄化しないなどの利点があるため金融機関に選好されています。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る