長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

量的緩和


中央銀行は通常、短期金利の水準を誘導することで景気や物価動向の安定をめざします。

量的緩和は金融機関が日銀の当座預金に預ける「お金の量」に着目して、通貨を供給します。

2001年3月当時、ゼロ金利政策を導入していた日銀は金利を調整する余地がなく、量的緩和策を採用してデフレ脱却と景気刺激を目指しました。

量的緩和はその後、2006年3月まで続きました。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る