長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

日本版ビッグバン


日本版ビッグバンとは、1996年11月に橋本龍太郎首相(当時)が打ち出した金融市場改革のことをいいます。

英サッチャー政権が1986年に行った金融改革がビッグバンと呼ばれていることにちなみ、日本版と名付けられました。

日本では銀行、証券、保険の3分野の垣根を低くすることを目的に、金融制度を改革しました。

株式売買手数料を自由化したほか、銀行や保険会社の窓口で投資信託が買えるようになり、個人にとっても投資環境が改善されました。

証券会社を免許制から登録制にしたため、ネット証券の誕生も相次ぎました。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る