長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

ニクソン・ショック


1971年8月15日、ニクソン米大統領はテレビ、ラジオを通じて声明を発表し、ドルと金の交換停止をしました。

世界経済に大きな影響を与えたことから、ニクソン・ショックと呼ばれています。

それ以前の国際通貨体制はドルの強力な信認を背景にした固定相場制で、「ブレトン・ウッズ体制」ともいいます。

ベトナム戦争の戦費膨張などから米国の経常収支の悪化が進む中でドルの信認が低下、金との交換を停止してドル切り下げを余儀なくされました。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る