長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

単元未満株


会社の定款で定める最低売買単位のことを単元株といい、1単元の株式数に満たない端数を単元未満株といいます。

単位未満株は、会社が株式分割や合併、減資などを実施した結果、発生します。

単元株と単元未満株では、株主の権利やその取り扱いが異なるので、注意が必要です。

例えば、単元未満株は取引所で自由に売買できません。

売る時は、単元未満株を取り扱っている証券会社に引き取ってもらうか、発行会社に買い取り請求する必要があります。

単元株にするために、発行会社に買い増し請求できる場合もあります。

単元未満株にも持ち分に応じて配当を受け取る権利や、株主代表訴訟の提起権などはありますが、総会に出席し議決権を行使することはできません。

ページトップへ戻る