長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

上場廃止


上場廃止とは東証などの市場に上場した株式について、証券取引所が上場継続を適切でないと判断して株式の公開取引を終了することをいいます。 

上場廃止の基準は各取引所によって異なっていますが、大まかな事由として、上場契約違反、法人格消滅(合併を含む)、完全親会社設立(完全子会社化)、会社の倒産(経営破綻)などがあります。

また、上場企業が自ら上場のメリットが小さくなったと判断し、自主的に株式上場廃止申請を行う場合もあります。

ページトップへ戻る