長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

資産管理業務


信託銀行は年金基金などの機関投資家から有価証券を保管・管理する資産管理業務を手掛けています。

こうした金融機関をカストディアンと呼び、資産管理業務のことをカストディともいいます。

株や債券の配当や売買代金の決済を担います。

資産管理業務には膨大なシステム費用がかかるため、2000年はじめごろから信託銀行や保険会社などカストディアンの間で業務を集約する動きが広がりました。

現在の勢力図では、住友信託銀行と中央三井グループ、りそな信託銀行が出資する日本トラスティ・サービス信託銀行、三菱UFJ信託銀行や日本生命保険などの日本マスタートラスト信託銀行、みずほグループの資産管理サービス信託銀行の3陣営に分かれる。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る