長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

減損処理


減損処理とは、企業が所有している固定資産や有価証券などの価値が著しく低下した場合、帳簿価格を引き下げて差額を損失計上する会計手法のことをいいます。

実際の価値が下がっているのに帳簿価格が高いままだと、投資家や債権者は貸借対照表を信頼できなくなり、正確な企業分析に支障をきたす恐れがあります。

固定資産の減損処理は、資産価値や収益力が下がった場合、将来見込める利益や資産売却で回収できる価値まで帳簿価格を引き下げます。

「のれん」などの無形固定資産も減損対象になります。

のれんは発生原因となった事業の収益力が低下した場合に減損するなどの決まりがあります。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る