長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

為替介入


為替介入とは、自国通貨を中心とする為替相場を安定させるために、各国の通貨当局が為替を売買することです。

日本では財務相が指示し、日銀が実行します。

日本では輸出に悪影響を与える急激な円高・ドル安を防ごうと、「円売り・ドル買い」で介入することが多いです。

最近では中国が人民元の対ドル相場をコントロールするため、「ドル買い・人民元売り」の介入を続けています。

韓国やタイなどアジア諸国も輸出競争力の低下を懸念し、自由通貨の上昇を避けようと介入を繰り返しています。

円は対ドルだけでなく、主要輸出先となった対東アジアも含めて独歩高の状況となっています。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る