長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

回転期間


回転期間とは、経営資源である資産・負債・資本をどれだけ効率的に活用しているかを示す指標です。

例えば、

平成29年4月1日~平成30年3月31日の売上高が120円

平成30年3月31日の売掛金が30円

とします。

1ヶ月当りの売上高は、120÷12=10円/月

では売掛金は売上高何ヵ月分かというと、30÷10=3ヶ月分

よって回転期間は3ヶ月となります。

このほか、棚卸資産の回転期間や買掛金の回転期間もあります。

売掛金や棚卸資産の回転期間をチェックする目的は、その実在性や評価に問題がないかを確かめることにあります。

回転期間が長すぎるなら、架空の売掛金や架空の棚卸資産がないかを疑ってみるべきです。

また、回収不能な売掛金の存在や、販売不能で廃棄せざるを得ない棚卸資産の存在を疑ってみるべきです。

回転期間が妙に長い会社は投資対象から外したほうが良いかもしれません。

買掛金の回転期間をチェックする目的は、簿外の債務がないかを確かめることにあります。

回転期間が短すぎるなら、簿外の買掛金がないか、疑ってみるべきです。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る