長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

インターネット・バブル


インターネット・バブル(Internet Bubble)とは、1990年代末期に、アメリカ合衆国の市場を中心に起こった、インターネット関連企業の実需投資や株式投資の異常な高騰のことです。

「ドットコム会社」と呼ばれる多くのIT関連ベンチャーが設立され、1999年から2000年にかけて株価が異常に上昇しましたが、2001年にかけてバブルは弾けました。

通常、英語では「.com bubble(ドットコムバブル)」といいます。

日本では一般的に「ITバブル(アイティーバブル)」とも呼ばれていました。

関連するガイドはありません
ページトップへ戻る