長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

移動平均線


移動平均線とは、過去一定期間の株価終値の平均値をグラフ化したものをいいます。

例えば、5日移動平均線であれば、直近5日間の株価の終値を平均して求めます。

この移動平均線を用いることにより、株価の大きな傾向(トレンド)を読むことができます。

ですから、この移動平均線の傾きがプラスに転じたときに、株価は上昇基調に入ったと考え、その時に株を購入するのです。

これにより、割安な株を買ったのに、さらに値下がりして、さらに株を買い増して、けれども株価はなかなか上がらず・・・といった悪循環に陥るリスクを抑えます。

ページトップへ戻る