長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

社外取締役


社外取締役とは、株式会社の取締役であって、当該株式会社または子会社の業務執行取締役・執行役・支配人その他の使用人ではなく、かつ、過去に当該株式会社または子会社の業務執行取締役・執行役・支配人その他の使用人となったことがない者のことをいいます(会社法第2条15号)。(ただし、この定義によれば社外取締役なので、業務執行をしていなければ就任から何年経っても社外取締役ですし、親会社の役員も子会社の社外取締役になりえます。)

社外の者が取締役会の構成員になることで、会社の業務執行の適正さを保持させるのが、社外取締役の趣旨です。

なお、社外取締役には、メインバンクの出身者、公認会計士、弁護士、税理士などがよく登用されます。

ページトップへ戻る