長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

コーポレートガバナンス


コーポレートガバナンスとは、会社を株主、従業員、顧客、購買先、地球環境にも配慮した経営をするための仕組みのことをいいます。

日本語で「企業統治」と訳されます。

株主が自らの利益だけを追求していては、長期的には会社が利益を得られなくなってしまいます。経営者には適正な役員報酬を支払い、従業員にはきちんとした待遇を用意し、顧客のために優れた商品・サービスを提供し、購買先の企業にも適正な利潤を得られるような価格で材料を購入しなければなりません。地球環境への配慮も欠かせません。このような経営をするために、それらを可能にするための仕組みをコーポレートガバナンスといいます。

ページトップへ戻る