長期投資家のためのIR情報
バリュートレンド

PER


PER(ピーイーアール)とは、Price Earnings Ratioの略で日本語では株価収益率といいます。

一般的にPERは、対象企業が当期の利益の何倍の利益の価値があると市場が判断しているのかを示す指標を言います。

PERは株価÷EPSで計算されます。

つまり、PERが20倍であれば、今年の利益の20年分の利益を今後稼ぐと考えられていることになります。

PERが大きいほど市場の期待が大きく割高であり、PERが小さいほど市場の期待が小さく割安であるとされるのです。

PERで割高か割安かを判断する基準値としては、20倍が一つの目安になります。

ただし、PERは当期純利益を基準に計算するため、業績が大きく変動する企業の分析には全く役に立ちません。

また、企業が属する業界ごとに平均PERの高低があります。

一般的に、情報・通信業はPERが高い水準にあり、卸売業などは低いPERとなっています。

このように、業界の特性も考慮したうえで、割高か割安かを判断する必要があります。

ページトップへ戻る